同志社校友会札幌支部
樹徳会館写真
沿革(あゆみ)
行事よてい&ほうこく
オホーツククラブ
旭川同窓会
十勝クラブ
釧路OB会
小樽クラブ
苫小牧会
室蘭クラブ
函館クラブ
商学部「樹徳会」
WOMEN'S LOUNGE
関西六大学LOUNGE
親睦COMITEE・GOLF・OUTDOOR
紫友
けいじ板
仲間たち
個人情報の保護に関する規定
連絡欄
〈ML・相互リンク申込みも可〉
名 前
卒 年 年(西暦)
学 部 学部卒
MAIL
コメント 
同志社校友会札幌支部事務局
会長 中ノ目孝道  (1976年 商卒)
事務局 武田泰一 (1983年 文卒)← 連絡先
小樽市奥沢3-26-9 中ノ目製菓(株)内 電話 090-8273-0969

十勝クラブ・小樽クラブ 総会・懇親会同時開催
小樽会 中ノ目会長 小樽ビール

去る2016年11月22日18;00より、十勝クラブ総会・懇親会と小樽クラブ総会・懇親会を同時刻に開催。230km離れた帯広と小樽間をスカイプによる同時中継で結び、懇親を深めました。帯広と小樽は京都・倉敷とほぼ同距離。以前から道内各所にあるクラブとの懇親を深める為スカイプによる同時中継を模索、ようやく実現に漕ぎつけました。日本海側の小樽では小雪が舞い、太平洋側の帯広では木枯らしが吹く寒い一日でした。小樽クラブ(中ノ目孝道会長 S51商卒)にはスカイプ中継実現の為札幌から北海道支部役員も駆けつけ総勢18名。十勝クラブ(石川博機会長 S40商卒)総会懇親会には17名が出席。総勢35名がスカイプを使い全員の自己紹介を行いました。お酒が入り興に入るとスカイプは双方向から雑音にも聞こえる笑い声で溢れかえり、最後は十勝クラブの後藤武夫さん(S41商卒)によるハーモニカ伴奏で両会の35名がスカイプを通じてカレッジソングを大合唱。小樽・帯広が一つとなり、初の試みは大成功。道内各所に散らばる校友の絆を一層深めることが出来ました。北海道はその土地柄、道内の転勤が多くクラブ間の情報交換は校友と本学を結びつける大切な役割を担っています。文字通り北海道内のWEB化は順調に進んでおります。 文責 武田

-----------------------------------------------------

小樽クラブの定例総会を下記の通り開催致します。
ご出席下さいますようご案内申し上げます。
日時 平成27年11月18日(水) 午後6時30分より
会場 日本橋  小樽市稲穂1-1-4 電話 0134-33-3773
懇親会費 0円 年会費 2000円
          ↓
総勢12名の参加で、いつものように大変アットホームな会でした。浜村会長の後任に中の目事務局長が推挙され来期から対応される旨が承認されました。
-----------------------------------------------------

小樽クラブの定例総会を下記の通り開催致します。
今回は、懇親会費に繰越金を充当致しますので、
会費は年会費のみとさせていただきます。
時節がら何かとお忙しいとは存じますが、是非
ご出席下さいますようご案内申し上げます。
日時 平成26年11月18日(火) 午後6時30分より
会場 日本橋  小樽市稲穂1-1-4 電話 0134-33-3773
懇親会費 0円 年会費 2000円
          ↓
小樽クラブ総会にご出席の皆様、大変お疲れ様でした。
中ノ目事務局長の司会進行で開催された総会も無事終
わり、懇親会に入りました。総勢9名と少々小ぶりで
したが、いつも通り中身の濃いものでした。
昨今の同志社事情・賛否、大懇親会の百田尚樹さん談義 
他忌憚の会話。右から左まで同志社の寛容さを確認
しつつポピュリズムになびかない同志社スピリッツ。
兄弟5名のうち3名が同志社人と言う松田家はいかにも
小樽っぽいです。財力もさることながら、伝統と新規性
に富む風土を感じます。その後2次会に流れ、各先輩の鍛
えられた喉を拝聴し同志社人のハイカラさを確認しました。
来年の総会は、20名を目指しましょうと力強いお言葉を
頂きました。 (by 武田)

-----------------------------------------------------

△上に戻る