同志社校友会札幌支部

沿革(あゆみ)
行事よてい&ほうこく
オホーツククラブ
旭川同窓会
十勝クラブ
釧路OB会
小樽クラブ
苫小牧会
室蘭クラブ
函館クラブ
商学部「樹徳会」
WOMEN'S LOUNGE
関西六大学LOUNGE
親睦COMITEE・GOLF・OUTDOOR
紫友
けいじ板
仲間たち
個人情報の保護に関する規定
連絡欄
〈ML・相互リンク申込みも可〉
名 前
卒 年 年(西暦)
学 部 学部卒
MAIL
コメント 
同志社校友会札幌支部事務局


     毎夏北海道に来るラグビー部員達へ!牛一頭募金     
会長 石川博機 (1965年商卒)
幹事長 堀江浩明 (1975年経卒)
事務局長 夏川憲彦 (1971年法卒) ← 連絡先
帯広市東9南1-2-17 電話 0155-25-5030




十勝クラブ総会報告
去る2017年11月25日 ホテルグランテラス帯広(旧東急イン)にて、29年度十勝クラブ総会が開催されました。石川博機会長(S40商卒)はじめ、15名の十勝クラブ会員の他、札幌から武田北海道支部 副支部長を迎え、近況を報告し合いました。武田副支部長からは、2025年、同志社は創立150周年、校友会北海道支部もちょうど100周年を迎える事、北海道発の取組紹介が披露され、あと7年で何ができるかを検討しようとの呼びかけがありました。又、懇親の場では、夏川憲彦さん(S46 法卒)が、9月に「青春18きっぷ」で帯広から京都まで54時間をかけ一人旅をしたことが伝えられると、後藤武夫さん(S41 商卒)が、学生時代 京都から帯広まで自転車で15日間かけ帰省した話を披露。和気あいあいの中、あっという間の2時間を過ごしました。十勝は広いので、広尾(帯広から80KM)の二口繁さん(S47 文卒)、本別(帯広から60KM)の林郁雄さん(S46 文卒)は、泊まり込みで参加。総会は、恒例の後藤武夫さんのハーモニカ伴奏でカレッジソングの大合唱、武田副支部長のDoshisya Cheerで締めました。が、二次会、三次会、四次会まで時のたつのを忘れ、青春時代を語り合い、次回の再会を約束して散会しました。    文責 十勝クラブ幹事長 堀江浩明(S50 経卒)

-----------------------------------------------------

石川会長 全員写真

十勝クラブ・小樽クラブ 総会・懇親会同時開催
去る2016年11月22日18;00より、十勝クラブ総会・懇親会と小樽クラブ総会・懇親会を同時刻に開催。230km離れた帯広と小樽間をスカイプによる同時中継で結び、懇親を深めました。帯広と小樽は京都・倉敷とほぼ同距離。以前から道内各所にあるクラブとの懇親を深める為スカイプによる同時中継を模索、ようやく実現に漕ぎつけました。日本海側の小樽では小雪が舞い、太平洋側の帯広では木枯らしが吹く寒い一日でした。小樽クラブ(中ノ目孝道会長 S51商卒)にはスカイプ中継実現の為札幌から北海道支部役員も駆けつけ総勢18名。十勝クラブ(石川博機会長 S40商卒)総会懇親会には17名が出席。総勢35名がスカイプを使い全員の自己紹介を行いました。お酒が入り興に入るとスカイプは双方向から雑音にも聞こえる笑い声で溢れかえり、最後は十勝クラブの後藤武夫さん(S41商卒)によるハーモニカ伴奏で両会の35名がスカイプを通じてカレッジソングを大合唱。小樽・帯広が一つとなり、初の試みは大成功。道内各所に散らばる校友の絆を一層深めることが出来ました。北海道はその土地柄、道内の転勤が多くクラブ間の情報交換は校友と本学を結びつける大切な役割を担っています。文字通り北海道内のWEB化は順調に進んでおります。    文責 草野

-----------------------------------------------------


平成27年11月20日(金)午後6時から帯広市内の料理店「喜舟」で総会・懇親会が開かれました。 15人が出席しました。転勤族、帯広で奥さんの実家の農家を継いだ人ら新しい顔ぶれもあり、にぎやかで楽しいひと時をすごしました。 1人ずつ近況報告やら自己紹介をしました。50年前の学生時代、2週間以上かけて自転車で帯広まで帰省したという武勇伝やらなぜ十勝に来るに至ったかなど楽しい話が相次ぎ、大いに盛り上がりました。また、4人の新たな同窓生発掘報告があり、来年はぜひとも参加してもらうことにしました。最後はグリークラブOB竃英夫さんのリードでカレッジソングを熱唱、石川博機会長発声の同志社チアで締めくくりました。二次会は12人、三次会は7人、四次会は5人が参加しました。私はもちろん最後まで。まだ二日酔いです。    文責 夏川

------------------------------------------------------------------------


同志社校友会十勝クラブの総会・懇親会が11月28日、 帯広市内の十勝ダイニングふる屋で開かれました。 十勝管内在住の14人が出席しました。 石川博機会長(1965年商卒)があいさつ。 「ことしは校友会北海道支部からの働き掛けもあり、 札幌など道内各地の校友会組織と連携を強めたい。 卒業生の交流が活発化することは必ず母校の発展にも つながるでしょう」と意欲を示し、大きな拍手を受けました。 併せて、若手の勧誘など十勝クラブの会員増強にも 努めることを確認しました。 懇親会では、前会長の余湖汀一さん(1957年法卒)ら 全員が近況を報告しました。 神戸出身で、現在中札内村でクッキー店を営む大原博さん (1968年法卒)は、10月に同志社出身のジャズボーカル グループ「タイムファイブ」が十勝公演したことに触れ 「メンバーの一人は学生時代に親しかった友人。 数十年ぶりに会うことができ感激しました」と披露。 大きな拍手を受けました。 また、NHK帯広放送局長の横尾俊輔さん(1981年法卒) は、今年帯広局に転勤してきたばかりの中里太郎さん (2011年社卒)を紹介。久しぶりの若手登場に会員に うれしい笑顔が広がりました。 最後に、後藤武夫さん(1966年商卒)のハーモニカ伴奏 でカレッジソングを熱唱、中里さんのリードで同志社チア を行い会を締めくくりました。 会場を移した2次会にも大勢が参加し、おいしい酒を酌み 交わしながら母校との絆、同窓生の絆を確かめました。

十勝クラブ総会兼懇親会のご案内
日時 平成26年11月28日(金曜日)午後6時
場所 十勝ダイニング・ふる屋
(帯広市西1条南10丁目13、FKビル1階)
電話0155−21−6671
会費 6000円

飛び入りも歓迎します。お時間があればどうぞお越しください。


------------------------------------------


△上に戻る